読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分室

あっちの分室。

ぷらっとフリープラン京都こだま

JR東海ツアーズで申し込みをした旅行商品です。通称「マル契」

 

f:id:sandol:20161101015707j:plain

f:id:sandol:20161101015713j:plain

 

往復の新幹線と宿がセットになっている旅行商品で、駅で買うきっぷとは性質が異なっています(払い戻しとか変更とか。例えば、前日払い戻そうとすると4割の取消料が必要です)。

宿泊場所によって基本代金が設定されていて、乗車する駅、利用する列車によってその代金が前後します。

当時の条件は忘れてしまいましたが、東京~京都往復C時間帯のぞみ号で基本代金27,700円の商品と仮定して、新横浜発着で-400円、こだま利用で片道-3,000円、よって、上記は21,300円となりました。新横浜~京都のIC早得で片道11,480円ですのでかなりお得です。ただしこだま号ですが・・。

逆に、東京駅を7時~9時頃出発するのぞみ号は、利用しやすい時間帯のため、基本代金+3,400円となります。

ですので、個人的にはこだまに乗るときくらいしか利用しません。のぞみだったら、エクスプレス予約と個別に宿を取ったほうが安いので・・

スーパービュー踊り子

スーパービュー踊り子号の特急券です

 

f:id:sandol:20161026015334j:plain

 

見て分かるとおり、英語表記となっています。

指定席券売機で英語設定にして、それとなくボタンを押していると発券することができるのですが、これは「えきねっと」で予約してあるのがポイントです。

指定席券売機を同じく英語設定にすると、海外の方用えきねっと受け取りメニューが出てきます。あとはいつもどおりクレジットカードを入れ暗証番号を入力すると、上記のような英語表記のきっぷが発券されます。

ただ、全ての駅でこの機能があるわけではなく、おそらく以下のページに載っている駅限定のメニューになるかと思います(未調査)。

JR-EAST Train Reservation > Ticket Window Information

 

スーパービュー踊り子は、乗車の際にアテンダントがきっぷの確認をしているのですが、このきっぷを見せるとまあ戸惑いますよね。

横浜市内→横浜市内

横浜市内から横浜市内への乗車券です

 

f:id:sandol:20161019005612j:plain

 

どこかで話す機会があるのか分かりませんが、南木曽駅から長野駅までの「いろどり木曽路号」に乗ったときの乗車券です。

 

普通に発券しても面白くないので、えきねっとで少し遊んでみました。

 

f:id:sandol:20161019010213p:plain

 

着駅を東神奈川にするとなぜか購入することができませんでしたので、鶴見にしてみました。新子安も大丈夫です。どちらも「横浜市内」になります。

 

乗車券の券面の経由欄を見ていただきたいのですが、かなり省略されてしまいました。

有人改札で途中下車を申し出ると揉めそうな気がします・・・

IC乗車票(IC早特)

東京→博多のIC乗車票です。

 

f:id:sandol:20160507233445j:plain

f:id:sandol:20160507233451j:plain

f:id:sandol:20160507233521j:plain

 

その名の通り、EX-ICを改札機にかざせば、きっぷを受け取ることなく新幹線に乗ることができるのですが、手間をかけてまでもきっぷを受け取ってしまうのが、きっぷクラスタの性でしょうか。

さて、券面をよく見ると、

東京(6:56)→新大阪(11:00)こだま633号

新大阪(11:32)→博多(16:07)こだま741号

一度はやってみたくなる、全区間こだま乗り通しです。

決して安くなるわけではありませんが、のぞみ号と同じ料金で長く乗っていられますので、コスパは良いと思われます。

しかし、長時間座っているとさすがに腰にきますね。

ドニチカキップ

土日祝日と年末年始に札幌市営地下鉄が1日乗り放題となるきっぷです。

ドニチカキップ/札幌市

 

f:id:sandol:20160221010428j:plain

 

初乗りが200円なので3回乗れば元が取れます。

こちらは雪まつりの日に利用したのですが、大通を中心とした隣駅間の移動にしか使っていません。地上も地下も歩くのが面倒だったので。

ちなみに、平日は830円で1日乗り放題のきっぷが発売されます。

ぷらっとこだま乗車票

こだま乗車票 ぷらっとEプラン

(乗車船・指定席グリーン専用)

新大阪→新横浜 こだま682号

 

f:id:sandol:20130909021154j:plain

 

 

みなさんご存知の「ぷらっとこだま」です。

http://www.jrtours.co.jp/kodama/

各駅に停車するこだま号ですが、東京〜新大阪を格安に移動できます。

例えば、東京から新大阪まで、通常のきっぷだと13,750円(通常期)ですが、このぷらっとこだまだと10,000円(通常期)で移動できます。

また、グリーン車も格安で販売しており、新大阪ですと上記の価格+1,500円で利用できます。

ただ、通常のきっぷと異なり「旅行商品」ですので、利用するにあたってかなりの制約があります。

のぞみで2時間半のところを、こだまで4時間なので、時間に余裕のある場合はぷらっとこだまを利用してみてはいかがでしょう。

 

なお、JR東海ツアーズ等窓口で購入すると、紙の乗車票となります。

マルス券が欲しい場合は、通販を利用することになります(別途送料が必要です)。

連続乗車券

お久しぶりの投稿です。

ネタはあるんですけど何かと忙しいもので・・・

 

さて、今回はいたって普通の連続乗車券です

連続1:京都→新大阪 ¥540

連続2:新大阪→山科 ¥740

f:id:sandol:20130513001314j:plain

f:id:sandol:20130513001322j:plain

 

JR東日本指定席券売機で発券しました。

乗車券の画面で、「特急等を利用する」から、新幹線京都乗車、新大阪降車、乗り換えて周辺駅で下車で山科を選べば発券されます。

名古屋方面から山科・湖西線経由の乗車券を所持していて、新大阪に立ち寄る用事があったので使用しました。

京都~新大阪は経路どおり新幹線に乗っていますね。その話は次回にでも。

 

ちなみに、京都~山科は180円ですので、京都~新大阪の往復に、京都→山科の片道のが安かったりします。